内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME研修所概要>北陸内観研修所の特徴

北陸内観研修所の特徴 

北陸内観研修所では、理論的な研究をつづけ、当所の特徴を「内観研究」や内観関連の学会で発表してきました。

 

幣所の有効性として対人関係の「わだかまりが解ける」、そして「素直」になることを示唆しました。

これは、過去におけるネガティブなエピソードと対峙して現れる効果です。しかし、研修生がそれに対峙するには援助する内観面接者の力量と環境が必要です。

 

 

わだかまりが解ける

内観療法は根治療法に位置すると考えています。
それは、ある放送のキャッチコピーが「人が変わる」であったことからも推察できるでしょう。

 

では、何が変わるのでしょうか?

 

内観は、過去の「事実」を思い出していきます。

 

過去の事実をていねいに想起していくと、事実とは異なり、出来事を「イメージ」で捉えていたことに気づきます。

素直

たとえば、幼少期に母親からきつく叱られた。という、エピソードがあるとすると、「叱られた」ことだけがイメージに残り、他の出来事であるやさしくしてもらった事などが、記憶として残りにくいという現象があります。

 

「叱られた」ために、母親は「怖い」というイメージが根付き、陰性の記憶が焼き付けられます。

 

内観をするとポジィティブ思考になり、寂しさや、人を信じられないという意識や感情が軽減します。つまり、抑うつ傾向の沈静化です

 

ポジィティブなイメージとは、幸せな気持ち、生きている実感がある、人に何かしてあげたいという積極的な思考です。前向きな気持ちが増します。

 

つまり、ネガティブ思考からポジィティブ思考へと変わるということです。「わだかまり」とは心の奥に巣くった、人に対する積もり積もった陰性の感情(コンプレックスです。物事を悪く捉えがちなネガティブ思考のため、いつまで経っても過去に囚われているともいえるでしょう。


内観研修の過程で、陰性の感情を自覚し、人々の愛によってわだかまりが解けたとき、 内観研修生は「素直」になれたと告白します。

……………………………………………………………………………………………

上記の体験記として、「親との葛藤」のカテゴーリーがあります。

他には、教員のうつ も、参考にしてください。



援助工夫

原法

どおりの

内観研修

  1. 内観の三項目( 1世話になったこと  2して返したこと 3迷惑をかけたこと)を調べ、母親を基調とした対人関係における自分の事実を調べる。
  2. 内観研修をしたいと思ったときにすぐに研修できるように、ほぼ年中無休にする。
  3. 7泊8日(主な他の研修所より面接回数が多いため、内観が深まる)で、集中した宿泊研修
  4. 集中内観だけでなく、日常での内観(日々の行い)の大切さを強調し、援助する。インターネット上で、日常内観をフォロー(パスワードなどが必要です)。これは、北陸内観研修所で内観された方のみの特典です。
一貫した援助 問い合わせからアフターケアまで、臨床心理士の内観面接者スタッフが一貫して援助します。

  →詳細をお読み下さい。

ひとりひとり

への

援助

熟練面接者による、目的に添った援助

  1. 内観研修生は、精神的成長を目的とした方から専門医の紹介の方さまざまな目的で来所されます。丁寧な心理カウンセリングしながら、「いま、ここ」で援助すべきことを、面接方針を立てて進めます。
  2. .その結果、週の後半には、目的の対象人物に対し内観できるようになります。
  3. .食事時に聞いていただくカセットテープ個々によって違います。ご自分とよく似た境遇(目的)の方が、どのように内観をすすめたのか、その後の結果を知ることは大変励みになると同時に共感できる側面が多く、大変参考になります。

 

内観面接者

自身の

研修

  1. 所長は、集中内観を重ね、内観面接者はすべて内観体験者です。
  2. 他の内観研修所で内観することによって、良いところを取り入れています。
  3. .内観学会内観医学会参加。さらに研究を発表し、論文として報告科学的な視点から援助をする。
  4. 全国の内観研修所会議で自己研磨。

食事

内観研修の食事食事は、すべて手作りです。食材は生協などで仕入れ、野菜を中心とした家庭料理です。三食定時に出される食事は、味や匂いで母親の手料理を思い出します。

 →体験記をお読み下さい。

食事は、それぞれの部屋で召しあがっていただきます。おみそ汁やシチューなどは温かいもの、夏には冷たいものをお出しするようにしています。分量も個々に少なくしたり、多くすることができます。これによって自分は大切にされていると感じ心の殻を和らげる効果があります。

 

自然

ゆったり内観

北アルプスを望む山里。日本人がもつ故郷のイメージ。そこに北陸内観研修所があります。

 

自然がすぐ、そこにあります。

 

どのような人でも、ずっと集中して内観できるわけではありません。息抜きをするためにお茶を飲んだり、トイレに立ったり、その時まわりの自然が目に飛び込みます。フットしたときこそ、心が和らぎ、気付きを促すのです。

また、ベンチに腰掛けて内観することも可能です。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中