さわやか会でアルコール依存症の夫婦体験談 内観原法を継承する大自然に囲まれた北陸内観研修所

北陸内観研修所 内観 富山

HOME > 内観の催し物 > さわやか会 > さわやか会でアルコール依存症の夫婦体験談

さわやか会  内観の催し物  心理療法  

さわやか会でアルコール依存症の夫婦体験談

富山市民病院における、最後のさわやか会。
それを締めくくるのに、最良の体験談でした。

taiken.JPG

アルコール依存症のご夫婦が、内観体験談をしてくださいました。
ご主人の発言です。
「酒と不眠剤に依存していた。酒を断つと眠れないため、不眠剤を飲むという悪循環だった。自家用車で物損事故を起こし、このままでは人身事故を起こしそうで窮地に立たされた。妻は、断酒会に参加してくれた。そこで内観のことを聞き、集中内観のことを知り、一緒に内観をしてくれた。

内観をして、不眠剤を飲まなくなった。
断酒して8ヶ月。なんで、あんな思いをしてまで飲んでいたのかと今となっては思う。生まれ変わろうとしています」

DSCN3825.JPG

奥様のお話です。
「主人は5年間狂ったように飲んだ。飲むたびに私は責め、主人は隠れて飲んだ。何度も、物損事故を起こしたので『どうせ死ぬなら、あんたが死んでよ』ともめちゃくちゃなことを言った。

一年前に、断酒のためのに夫婦で一緒に精神科を受診した。
受診して断酒できたが、今度は不眠剤が止められない。
アルコール依存症は、夫婦で内観するのかいいと聞いた。
夫だけ内観すればいいのに思っていたから、私は夫婦ですることにぎりぎりまで迷った。研修費を捻出するのに、500円玉貯金を換金すると2人分の内観する費用があったので、決意した。

集中内観をして、私の父親が飲酒すると暴力をすることを思い出した。そのため酒に対する嫌悪感が強いのだと気付いた。
また主人に対して内観し、結婚した頃は酒が弱かったのに、次第に強くなっていったことを思い出した。
夫婦2人でかかった病気だと思った。
内観後に、夫婦2人でやっていこうと思った。もしかして主人は、また飲酒や不眠剤を飲むかもしれない。それでも2人でやっていこうと思った。

帰宅後、娘は内観して少し変わったと言ってくれた。少しずつ変われればいい。

ある日の夜、眠れなかった。
私は、夜中に内観テープを聞いていた。すると、主人も一緒に聞いてくれた。
これからもケンカが絶えないかもしれない。しかし、内観をしながら暮らしたい」

断酒目的を通り越して、夫婦の有り様を語ってくださいました。
原稿なしの、忌憚のない率直なお話しでした。
市民病院への往復を、ご夫婦そろって肩を並べて歩かれていることが印象深く見ていました。


カテゴリ :  ,  ,  | タグ :  ,  ,  | 2011/03/14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

プロフィール

北陸内観研修所

最近のブログ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

↑このページの先頭に戻る

北陸内観研修所について

講演 懇話会 セミナー

初めての方へ

内観で素直な心を

図で見る、内観って?

HOME 法人のお客様 個人のお客様 プライバシーポリシー サイトマップ お問い合せ

Copyright © 2007-2013 北陸内観研修所.All Right Reserved.