内観原法を継承する大自然に囲まれた北陸内観研修所

北陸内観研修所 内観 富山

HOME > 父親

父親

【日常内観メールのご紹介】父の日

【日常内観のお便りメールのご紹介】

今回ご紹介させて頂くのは、ある男性の日常内観です。

この30代男性は、数年前に始めての集中内観を体験されました。

そのとき
とても心が温かくなる感覚につつまれ、
「その喜びを味わいたい」と
今年また集中内観のために来所されました。

集中内観終了後、
仕事の昼食後に日常内観を10~20分間
毎日しているそうで、
メールで内容を送ってくださいます。
『継続は力なり』ですね。
今日は、その内容を掲載させてもらいます。

それでは拝見しましょう!

————————————————————-
【6/17日常内観メールより】

お世話になります。

最近、あいさつが元気良くできるようになり
人間関係が集中内観後から
さらに良くなりました。

嬉しいです。

職場のおばちゃんには
「ありがとう。いつも親切にしてくれて」
と言ってもらえたり。

日常内観、ほんとに少しづつですが
前よりも思い出すことが出来るようになりました。
とても嬉しいです。

さびついた頭がようやく回るようになったのかなと思いました。

そして今日は父の日ですね。

24fab33ee5812992e2b671598886f453_s

今日は父に対する31歳から現在までの自分を調べてみました。

していただいたことは
毎年地元の夏祭りで一緒にビールを飲んだり
フランクフルトを食べさせてくれました。
寝坊したときは仕事に遅れないように父が駅まで送ってくれました。
この間はうなぎを食べさせてくれました。

して返したことは
父の誕生日に、
父の好きなまんじゅうをプレゼントしました。
そして就職したお給料で、
うなぎをご馳走しました。

迷惑をかけたことは
お風呂の足ふきマットを
いつも自分だけ片付けせずに邪魔をしてました。
いまだに自立ができてなくて、
父を頼りにして、生活を安心させていないことです。

————————————————————-

日常内観メールを提供してくださった内観者さまへ
感謝申し上げます。

 

 

家族関係に関する情報はコチラ
http://www.e-naikan.jp/heart/03/04katei/index.htm

内観音源はコチラ
http://www.e-naikan.jp/data/tape-book/index.htm

カテゴリ :  ,  ,  ,  | タグ :  ,  ,  ,  ,  | 2018/06/25

【内観体験記】過去のイメージを捉え直す

【内観体験記】過去のイメージを捉え直す

集中内観を体験された方の感想文をご紹介致します。

今回の内観体験者は、
会社の社員研修として内観に来られた20代男性です。
彼は精神的な成長を目的として、内観に挑まれました。

しかし、内観の初日は
慣れない作業や環境のために
幼い時の記憶を思い出せず、
集中しにくいと感じる方が大多数です。

出来事を思い浮かべることができず
窓の外をぼんやりと眺め電線に止まっている
雀の数を数えていたという方もいました。

集中内観を体験された方は「自分もそうだった」
と思い出されるのではないでしょうか。

通常、内観が深まるのは4~5日目です。
それを彼は正直に綴られました。

子どもの時からの父親像
その記憶を捉え直すこと
が変化のきっかけとなりました。

それでは体験記を拝見しましょう!

————————————————————————————————————————–

【内観体験記】

正直申しますと、
「この一週間なんとなくやればそれでいいや」
と心の中で思っていました。

上司から、自分の成長のため、
一生で何度もとれない
外と連絡を切る時間を、大切に
と送り出されました。

今、思うと上司が言っていた意味が分かる気がします。

実際、研修の感想は、
皆が言うように、
はじめの数日間は内観できなかったという言葉が私も当てはまり、
4日目を経ても何も得られていませんでした。

というより、自分に対して逃げていました。

仕事に戻ったら、あれもしなければ、
これもしなければとそんなことが頭の中を
グルグルめぐっていました。

変化を感じたのは5日目からでした。

父親は家の中では口うるさく、外では喋らず、
あまり私には興味がないという印象でした。
しかし、自分の当時を思い返すと
サッカーをしていた時も、
誕生日の時も、
必ず父は近くにいてくれました。

私は記憶の中で
優しい父を、
家の中での口うるさい態度の父へと
すり替えていたのです。

826b658713175ea11c495c3a6ee3275a_l

勝手な思い込みと、
幼い頃の自分は
こんな風に感じていたのだ

という思いが交差し、
不思議な気持ちになりました。

そして最終日、母に対しての自分について
3回目の内観をしました。

母は私の好きなものや食べ物を良く知っています。
子どもの頃を思い出し、
母に愛して欲しいくせに
自分は母に何もしていない

と情けなくて涙が出ました。

これからの日常では
自分を愛してくれている人たちに
感謝したいと思います。

 

 

社員研修に関する情報はコチラ
上司との関係・再就職先で不採用のあと内観して採用職場内の対人関係の気付き
http://www.e-naikan.jp/heart/06shigo-02/index.htm

家族関係
http://www.e-naikan.jp/heart/03/04katei/index.htm

内観音源はコチラ
http://www.e-naikan.jp/data/tape-book/index.htm

カテゴリ :  ,  ,  ,  | タグ :  ,  ,  ,  ,  ,  | 2018/04/14

【内観体験記】介護ストレスを下げるために

【内観体験記】介護ストレスを下げるために

今回は、介護のストレスに悩むBさん (50代女性自営業)
の体験記をご紹介いたします。

——————————————————————————————————————

Bさんは認知症の父親の介護をしていました。
仕事のストレスが溜まると、
介護をしていても感情が揺れ動く自身に
困惑していました。

素直な気持ちで父親に接したいと思い
内観をしに来ました。

Bさんは、これまでも自己啓発を積み重ね、
心の根底に母親へのわだかまりがあると気付いていました。

母親には本人が10歳の時に家を出て、
それ以後会っていません。

母親に関しての父への恨みがあると思ったのです。

母親に対しては3回内観しました。

1回目は殆ど思い出さず、
2回目は少し思い出し、
3回目は笑っている顔が浮かび
「私たちのためにご飯を作ってくれた場面」
が出てきて良いイメージになりました。

「母親は私を捨てたと思い込んでいたが、
私が父親を選んだのが事実だった」

という理解は、Bさんの母親に対する
イメージを大きく変えました。

介護

Bさんが、自身の見方を変え
自己中心的なところや
「愛情」に捉われていることを認めたのは、

「嘘と盗み」を調べる中でした。

父親の介護にも展望を持ちました。
2回目父親に対して内観をし、
一生懸命に育ててくれたイメージに変わったからです。

内観前は、父親に対しては頼りなく、
怒るイメージがありました。
しかし
「田畑を売って私の結婚資金にしてくれた」ことや

「姉ばかりを可愛いがっていると思い込み愛情を欲しがった」と
気づきました。

内観後は、父親の介護に関して、
苦しい・辛い・嫌だという感情から
大丈夫・喜ばしてやりたい・できる
という気持ちに変わりました。

カテゴリ :  ,  ,  ,  | タグ :  ,  ,  ,  ,  ,  | 2017/07/20

プロフィール

北陸内観研修所

最近のブログ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

↑このページの先頭に戻る

北陸内観研修所について

講演 懇話会 セミナー

初めての方へ

内観で素直な心を

図で見る、内観って?

HOME 法人のお客様 個人のお客様 プライバシーポリシー サイトマップ お問い合せ

Copyright © 2007-2013 北陸内観研修所.All Right Reserved.