内観原法を継承する大自然に囲まれた北陸内観研修所

北陸内観研修所 内観 富山

HOME > 臨床心理士

臨床心理士

新聞読者相談「娘が昔のことを持ち出して非難する」への生き方アドバイス

北陸内観研修所ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

『よろずご指南 生き方アドバイス』
ご相談:娘が昔のことを持ち出して非難する

北日本新聞のこのコーナーには、
老いや病気への不安、家族や人間関係で悩んでいる方が相談を寄せられます。
2016年8月からスタートし、2年経ちました。

2018年10月24日に掲載され、寄せられたご相談に弊所所長の長島美稚子が回答しました。

0__20181024_くらし_カレント___小組_水曜シニア/よろずご指南
北日本新聞平成30年10月24日付

——————————————————————————————————————————————-

<回答文>
 こんにちは。今日の相談は、どの家にもありがちな出来事を「悩み」として捉えられ、公表してくださいました。読者のみなさんも家族との会話を思い出しながら、一緒に考えてみませんか?自分も「思い当たる節があるな」と思われている方も多いと思います。「いや思い当たる節がない」と思われる方は、家族の立場に立って記憶をたどると出てくるかもしれません。何気ない会話の中に、家庭における過去の話題は出てくるからです。

 家族はいつも一緒に居るから言葉にしなくてもわかるでしょと思いがちですが、お互いの思い違いや勘違いは日常茶飯事として起こっています。子どもが誕生してから親は自身の意志や感情を言葉として表現してきました。しかし子どもは親に不満があっても、言葉として表現するのは難しい場合が往々にあり、うつうつとした気持ちが積もり積もってある日爆発するのです。

 さて、回答者の我家でも「保育園時代の迎えが遅かった!」と子どもから言われ続け30年。そう訴えられる度に、親の私はうろたえてしまいました。よそ様の相談にのることを生業にしている私ですが、我が子のことになると形無しです。

 それは夕食をとりながら団欒している時でした。子どもが話しているのに、私は自分の話に熱中になりはじめました。子どもの機嫌が次第に悪くなり、いつもの「迎えが遅かった!」が出てくるのです。子どもはその時の状況を鮮明に覚えていて、まるで保育園児のような口調でした。ここで「仕事だから仕方なかったのよ」などと言うものなら、相談者と同じように、親が記憶にない出来事まで持ち出し険悪な空気に包まれ困りました。

 まさに売り言葉に買い言葉です。

 次第にヒートアップして、収拾がつかなくなります。   

 相談者の次女さんは、お母さんの近くに住んでくれ仕事も家庭も順風満帆で言うことなし、とはた目から見るとそう思える状況です。たぶん、次女さんは子どもの頃からお母さんのことを大切に思い、できるだけ親の意に添うよう生きて来られたのではないかと思います。人生の大切な選択肢にも母親の意見を考慮されました。それなのに子どもの心情を分かってもらえないイライラが、怒りになって現れているのでしょう。

 幾つになっても、子どもにとって母親は母親です。40代でも、70代の母親に向かうと母子の関係です。次女さんは、お母さんを目の前にすると甘えたくなるのではないでしょうか。お母さんに認めてもらいたいのだと思います。次女さんの努力が実を結び、今は順風満帆なことを「大学の受験や就職活動に頑張ったからだね」と二人で喜びあいたいのだと思います。

 最後に、「保育園時代の迎えが遅かった!」と言い続けた子どもの怒りは30年後には納まったことをご報告いたします。もちろん、子どもの言い分にまたかと嫌気がさしたこともありました。しかし根気よくなぜ遅れたのかをきちんと説明し、遅れてすまなかったと述べました。するといつの間にか子どもは言わなくなりました。

——————————————————————————————————————————————-

当研修所は、今後もみなさまの心の健康に寄与できるよう努力して参ります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

以前の記事はこちら
北日本新聞平成28年8月24日付
『よろずご指南 生き方アドバイス』
ご相談:義父の介護・独身の息子…先は沈むだけ
http://www.e-naikan.jp/weblog_nagashima/cat6/%E6%96%B0%E8%81%9E%E8%AA%AD%E8%80%85%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%80%8E%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%9A%E3%81%94%E6%8C%87%E5%8D%97%E3%80%80%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9.html

カテゴリ :  ,  | タグ :  ,  ,  ,  ,  ,  | 2018/10/30

【心の専門家】臨床心理士がサポートさせていただきます

北陸内観研修所のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。
研修所には春の日差しが降り注ぎ、ぽかぽかしています。

さて、2017年4月1日より面接スタッフの貫井が臨床心理士となりました。

臨床心理士は心の専門家です。
当所では、所長と貫井の2名が資格を取得しています。

スタッフ紹介のページはコチラ

「内観に興味があるけど、できるか不安・・・」
「私の悩みは内観で軽減できるの?」
とお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。
あなたの心に寄り添い、サポートさせていただきます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


お問い合わせはコチラから
TEL:076-483-0715
http://www.e-naikan.jp/contact/form/index.htm

カテゴリ :  ,  | タグ :  ,  ,  ,  | 2017/04/07

新聞読者相談『よろずご指南 生き方アドバイス』

北陸内観研修所ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

『よろずご指南 生き方アドバイス』

北日本新聞のこのコーナーには、
老いや病気への不安、家族や人間関係で悩んでいる方が相談を寄せられます。

8月24日に第一回目が掲載され、寄せられたご相談に弊所所長の長島美稚子が回答しました。

20160824北日本新聞記事mod
北日本新聞平成28年8月24日付

当研修所は、今後もみなさまの心の健康に寄与できるよう努力して参ります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリ :  ,  | タグ :  ,  ,  ,  ,  | 2016/08/26

プロフィール

北陸内観研修所

最近のブログ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

↑このページの先頭に戻る

北陸内観研修所について

講演 懇話会 セミナー

初めての方へ

内観で素直な心を

図で見る、内観って?

HOME 法人のお客様 個人のお客様 プライバシーポリシー サイトマップ お問い合せ

Copyright © 2007-2013 北陸内観研修所.All Right Reserved.