内観原法を継承する大自然に囲まれた北陸内観研修所

北陸内観研修所 内観 富山

HOME > 集中内観

集中内観

【内観体験後のお手紙】素直になり日常は穏やか

前回の内観体験記では、
<年老いた母親に対して優しく接することができない>
と悩む女性の内観体験を掲載しました。
(前回の体験記はコチラ)

その後、女性からお手紙が届きました。
内観前よりも穏やかに過ごされているとのこと
とても嬉しく思います。
内観で得られた気づきを日常に活かされているようです。
お手紙を早速拝読してみましょう!

…………………………………………………………………………………

内観後、十数年ぶりに父親の墓に母親とお参りに行きました。
母親とお墓で眠る父親の前で、私は内観に行って何を考え、
どのような思いに至ったのかを報告しました。

そこで、私が知らなかった母親の正直な気持ちを
聞くこともできました。

始めは母親との確執、そして亡くなった父への
募る嫌悪感に端を発した内観でしたが、
最終的にはこの内観の最大の目的は
子どもたちへの懺悔であったことに思い至りました。

成人式を迎えた息子に詫びることができました。
私が研修所で子ども達に懺悔をした日は、
父の二十年目の命日でした。

内観から帰ってきて一か月が経とうとしていますが
前より穏やかな気持ちで毎日を過ごせているように感じます。

illust

内観についての感想になりますが、

内観のプロセスが非常にシステマチック
であることに
正直驚きました。

内観を知った時の、最初のイメージは
天啓を受けるというようなものでした。
そして、それは誰にでも起こり得ることではないだろうから、
過度な期待はしない方が良いと思っていました。

しかし実際に内観を行ってみると、
自分という人間の傾向を知ることで、徐々に物事の見方が変わり
そのことによって気付きが得られました。
その過程は必然の経緯であるという印象を受けました。

最終的に至った思いは、自分の内部から湧き出た感情であるだけに
その感情を素直に受け止めることができるのだと思います。

内観中の、内観録音を聞き今は亡き吉本先生や長島先生のお話を
聞くことによる気づきもありました。
一度もお目にかっかたことのないお二人がとても身近な存在に思え、
帰宅してからも内観録音のCDを聴いています。

自分としては、もっと早くに内観に出会えればと
悔やまれる気持ちはありますが、出会えたことに感謝して、
これからの人生を前向きに歩んでいきたいと思います。

【内観体験記】母親に優しくしたいのにできない…なぜ?

集中内観体験後の感想文をご紹介いたします。
今回は、
年老いた母親に対して優しく接することができない
と悩む女性の感想文です。
本当は優しくしたいのに、何故できないのか…。
内観を体験して自分の思いに気づき、
物事に対して新たな見方をすることができるようになる
過程が綴られています。
早速拝読してみましょう!

…………………………………………………………………………………

以前から、
生きづらさや母親に対する
わだかまり
を感じておりましたが、
ここ数年は
年老いた母親に優しくできない自分
戸惑っていました。

そんな時に内観を知ることとなり、
ここ北陸内観研修所にお世話になることにしました。

大いに期待してやってきたものの、はじめの二日間は
「お世話になったこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」
を挙げても、全く心が動きませんでした。
しかし
「嘘と盗み」で自分の傾向や抱えていた
問題が
見えてから、徐々に内観が進む
のを感じました。


教師をしていた母親は、私が幼い頃から忙しそうでした。
また、母親は学歴も高かったので、中学生までは
「こちらを見て欲しい」「認めて欲しい」
という想いでした。

しかし高校生からはそんな母親に反発し
「私と母親とは違う」「母親とは違う生き方をするのだ」
と思うようになりました。
私は母親に認めてもらえないことが辛いために
「自分の母親は一般的な母親とは違う」と感じていたのです。

その思いがあまりにも強かったため、
「子に対する気持ちはどの親も同じ」
と周囲から言われているにも関わらず、
親になってからも母親の視点で過去を振り返ることが
できなかったのです。

2回目の母親に対する内観をしているときに
面接の先生から
「母親としての立場からはどうか」と

尋ねられ、はっとしました。
その時々の母親の気持ちが手に取るように
分かり始めた瞬間でした。

それとともに、私は自分がしてもらえなかったことを
子どもたちにやってきたつもりでしたが、
母親も自分の親にして欲しかったことを
私にしてくれていたのだと気付きました。

20090226

内観は父親、姉、子どもに対して進んでいきました。

子どもに対する内観は残った時間にしよう
という程度に考えていました。
ところが、ここに大変な問題があったことに気付きました。
私が子どもにしてきたことは、愛情の演出だったのです。
母親との関係を改善したくて内観研修所を訪れましたが
実は子どもに対する内観が本題であったのです。

まだ間に合うという思いで
これからは内観で子どもたちに償っていきたい
と思います。

【内観体験記】僧侶の内観~驕りに気付いて~

集中内観体験後の感想文をご紹介いたします。

今回は、お寺からの勧めで内観された
20代のお坊さんの感想文です。
内観を体験した結果得られた
思い上がりなどの自分の我の強さへの気づきや、
相手の気持ちを理解することの大切さ
について述べられています。
早速拝読してみましょう!

……………………………………………………………………………………………

内観研修に来た理由は
自発的な事ではなく、人から言われたから来た
という、意思の低さがあった。
しかし、研修所に着いてからは
自分の今までの人生を振り返って
今の自分の修行に少しでも役立つもの
が得られればいいなと思っていた。


今までに自分の人生を振り返ることは何度かあったが、
内観をしていく中で、今回ほど深く
そして出来事だけでなく
その時の心情をも思い出す
ということは初めてであった。
多くの気づきを得られたと思う。

直接してもらったことや迷惑をかけたことは、すぐ思い出せた。
一方、記憶を辿って思い出された間接的な出来事や、
そこから出てきた自分の思いに対する気づきもあった。
このような気づきは内観をしていくうちに
少しずつ出てくるようになり、
結果的に多くの気づきを得ることができた。

20110707_2

今修業をしている僧堂において2年が経ち
多くの役職や立場を経験してきた。
徐々に自身の我が大きくなり、
また我を通そうとしてしまい
先輩と衝突することがあった。
それに対して反省しなければならなかったが反省することはなく、
自分の方が正しいという思いが強かった。
内観を通して、今まで人生でそのようなことを
何度も繰り返してきたことが分かった

今は子どもの頃とは違う。
今後は自分の立場、その場のこと、相手の立場などを含めて
自分がどうすればその場を円滑に動かすことができるか
ということを考え、できるようになりたいと思った。
そのためにも自分の我を抑え
相手の気持ちを少しでも理解することを大切にしていきたい。

【内観体験記】うつ病と診断された男性の内観~復職に向けて~

今回は、集中内観体験後の感想文をご紹介いたします。

うつ病と診断された男性が、復職に向けて集中内観を体験されました。
なぜうつ病になったのか
これからどう生きていくのか

想いが綴られた感想文を早速拝読してみましょう!

……………………………………………………………………………………………

私は知人の勧めで
集中内観を受けさせていただきました。

一年ほど前に医師からうつ病と診断されました。
会社を一年間休ませていただきましたが、
復職後も思う様に仕事が手につかず、
自分自身もどうしてよいのか迷っておりました。

1週間の集中内観を終えた感想としては、
自分は一人ではないという事を心から認識しました。

これまで私は何か物事を決めたり、悩んでいる時、
誰にも相談せず、一人で抱え込み、考え、
解決しない時は、アルコールや、薬物等、
一時の快楽に逃げてしまっておりました。

これまでは、自分に関わっていた人間が私を
うつ病にしたのだと思っておりましたが、
病気になった原因は、
内観をして誰にも悩みを打ち明けられず、
問題から逃げる事によって、
積み重なったストレスが私自身をこわしてしまった
のだと気付きました。

内観をしている際、
過去の両親に対する
忘れていた記憶がふとよみがえってきた時、
私はパニックになってしまいました。

本当にどうしてよいのかわからなくなりました。
手の届くところにアルコールや薬物があれば、
それらにまた逃げてしまっていたかもしれません。

ですが、私はこの時に自分の頭の中の思い全てを
長島先生に打ち明けることができました。
するとそれまで爆発しそうだった
頭の中が少しずつ静かになっていく感覚に気付きました。

今まで悩んでいた事が何だったのかというくらい、
気持ちが楽になりました。

人に相談する事はこういう事なんだ
初めてわかりました。

20120929

私には、私を思ってくれる、
心配してくれる家族が、
ずっといたのに、
一度も相談して悩みを打ち明ける事をせずに
生きてきてしまったのだと気付きました。

これからは困った事があれば
家族や友人に悩みを打ち明け、
自分自身をうまく解放しながら
いずれは相談される、
人の心を受け入れられる、
人間になりたい。

そのような生き方をしていきたいと強く思いました。
本当にありがとうございました。

 

【内観体験記】離婚を契機に内観体験して気付いたこと

今回は、集中内観体験後の感想文をご紹介いたします。

15年前から内観のことをご存じだった方が、今回、初めて集中内観を体験されました。
感想文には、内観体験による感情の変化や内観の効果について
分かりやすく書かれています。

早速拝読してみましょう!
……………………………………………………………………………………………

15年前に内観のことを知って以来
いつかいつか…と思いながらなかなか勇気が出ず、
今回離婚を契機に座りに来ました。
 
まず驚いたのは、朝5時起床、夜9時就寝ということでした。
朝5時にはいつも起きていましたが、9時に眠れるかどうか…。
しかし体を動かすことがなくても、内観していると自然とお腹が空き
7泊8日の内観でしたが一日も眠れない日々はなく、
内観はとてもエネルギーのいることだと痛感しました。

内観の3項目については、前から知っていたので
常日頃から心がけてはいたつもりでしたが、集中内観によって
また同じ人を繰り返し調べることによって
より深く鮮明に、忘れていたことさえも思い出し、
その出来事を通じた感情のやりとりについても知る
ことができました。

それを通じて自身がなぜ今うまくいかないのか、
今までうまくいかなかったのか、
ということも知ることができ内観の効果に驚いています。

私の場合、夫との離婚や対人関係の問題の根底は
家族関係にあるのでは?と薄々感じてはおりました。
内観によりそれが小学校時代の両親の不仲と
それに対する自分が原因ではないかと思ったとき、
物心がついてから数十年感じていた生き辛さを考えるヒントが
得られたような気がして、目の前がパーと明るくなりました。

methods_content05

そして、当時の両親を赦せないまま今に至り
多くのお世話になった人を赦せないまま、
ここまで生きてきたのだと思うと
両親や夫、周囲の人に大変申し訳なく思いました。

自分の転機は、内観4日目の水曜日に調べた
「嘘と盗み、その他」ではなかったかと思います。
これまで周囲の人が悪く、自身は悪くないと思っていましたが
「嘘と盗み、その他」を調べると、自身の悪業が嫌という程思い出され、
こんな自分に周囲の人はよく付き合ってくれたものだと感じ
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

「嘘と盗み、その他」までは、母、父、夫のことを思い出しては泣き
面接時にも涙して面接者の方々にも心配かけました。
「嘘と盗み、その他」を調べた後はスッキリし
母、父、夫のことを思い出しても涙すること少なくなり、
心から幸せになって欲しいと願えるようになりました。

特に、内観をしているこの期間中に夫が離婚届を出したとのことでしたが
ここでこの知らせを聴けたのもあり、
落ち着いて現実を受け止めることができました。
もし内観していなかったら、今日も泣いていたかもしれません。

また、迷いができたら内観に来ます。

無気力な娘が前向きに~母親の幸せがもたらしたもの~

今回は、6/26にご紹介した、無気力な娘さんを持ったお母さん(50代)の
内観後の生活についてです。
娘さんは、お父さんとお母さんが内観されたことによって前向きになられました。

 それを綴ったお手紙を、内観の数週間後にいただきました。
拝読してみましょう。

…………………………………………………………………………………………………………

 先日は内観をさせていただきありがとうございました。
緑豊かな環境での静かな1週間はとても清々しく
もうしばらくいたいなと最終日に考えていました。

私がいない間の1週間で主人と娘はいろいろな話をしたようで、
お互いの誤解や娘のわだかまりも解け
二人はとても仲よしになっていました。

私自身も“娘の幸せが私の幸せ“
と思い込み、娘は一生懸命それに答える為に
がんばり続け疲れてしまったようです。

母親の私が幸せになって、娘や主人が幸せになる。

結婚と感情とお母さん

内観から帰って主人と話し合い、
主人に気づかせていただきました。

以前の私は主人の言っていることに反発し
けんかになっていましたが、
内観でしっかり主人に感謝させていただいたので
素直に聞くことができました。

 娘もやはり夫婦仲が悪いことも、
体調が悪くなる原因だと言っておりました。

夫婦それぞれ娘にとって大事な役割があり、
その為にもお互いに理解しあい
協力しあわなければならないと感じました。

娘は私が内観から帰ってからとても元気で、
毎日のようにスーパーにでかけたり、
運動などをして見違えるように元気になりました。

以前は本当にふとんの中で過ごし、
10日間以上も外に出ていない時があり
生きる目的がないと言ってふさぎこんでいましたが、
今は部屋の模様がえをどうしようかなどと
前向きな発言も聞かれ、本当に嬉しく思います。

私は自分の気持ちをほとんど人に話さず、
自分さえがまんしていればいいと思い、
そのようにしていましたが、
知らず知らずに娘にそれが伝わり、
自分の気持ちをおさえるようになっていました。

母娘とは恐ろしいものです。
今さらながら自分のしてきたことの
罪深さを思い知りました。

でもだからこそ内観が必要なのですね。

本当に内観をさせて頂いてよかったです。

ありがとうございました。

娘に元気になってほしい・・・母親の内観体験

今回は、無気力な娘さんを持ったお母さん(50代)の内観体験記です。
娘さんは、お父さんとお母さんが内観されたことによって前向きになられました。

 ここでは、お母さんの内観後の感想文を拝読してみましょう。

…………………………………………………………………………………………………………

私は娘に内観を受けて頂きたいと思っていました。

その為にも、今回は夫婦で内観し、
変わった姿を見せたいと考えておりました。
また、主人と私、私と娘との関わり方に
起因しているものがあるのではないかと思い、
自分を調べる必要性を感じて内観をしました。

内観をしていく中で
私自身が母親に充分に甘えられなかったこと、
自分の気持ちを伝えることができなかったことを
うらんでいることに気がつきました。

でも母親は、生きる為に必死で
母なりのやり方で私を守ってくれていたのです。
それに対して、私は病気の母に何もしてあげられず、
母の苦しみや寂しさなど
何も気づかなかったことが分かり、涙が出ました。

母を車いすに乗せて、
花や山を見ながら穏やかな時を過ごしたかった。
お互いに心から支えあい、
悩みを打ち明けながら生活をしたかったです。
本当に母に心からありがとうと伝えたいです。

20090227

主人に対しては、甘えと自己中心的な考えで
本当に感謝もなく、ないがしろにしてきました。
主人が一生懸命に考えて頑張ってくれていることを理解せず
真剣に受け取めずに、ないがしろにしてきました。

会社でも大変辛い思いをしている主人。
一番の理解者であるべき私が、
主人を軽視しているのですから、
どんなにかがっかりし、失望していたと思います。

それなのに、こんな私を大切に思ってくれて
何かと気使いをして下さり本当に申し訳なさと感謝でいっぱいです。

娘に対しては、悪い種をたくさん植えてしまい
今、この苦しみを娘に与えています。

実は、自分の甘えと劣等感をすべて娘にぶつけて
子育てしてきたと思います。

それを主人に指摘されても納得せず、
主人のせいにしていました。
本当に二人には、謝っても謝り切れません。

今回、私の留守中は二人で頑張ってくれています。
内観に来させていただいた二人に
感謝の気持ちでいっぱいです。

アルコール依存症からの回復を目指して

今回は、「アルコール依存症」と診断された50代女性の内観体験記です。

アルコール依存症は、飲酒を止めることができず、そのために通常の生活に支障をきたすこともある病です。
飲酒による身体的な問題だけではなく、人間関係の悩みなど精神的な困りごと抱える人も少なくありません。
アルコール依存症からの回復には断酒が重要ですが、断酒を続けることは簡単なことではありません。

彼女は断酒のために努力をしていましたが、とうとう行き詰ってしまいました。
主治医から内観を勧められ、「何とか助かりたい」という願いから、今回集中内観に来られました。
彼女の内観後の感想文を拝読してみましょう。

…………………………………………………………………………………………………………

アルコール依存症と宣告されて11年目になります。
1度目の入院では、何とか自助グループに繋がることで、約6年間はお酒のない生活をさせていただき、
毎日が忙しく、楽しく過ごすことができました。

しかし、こどもの巣立ちと共に、また、お酒の生活になってしまいました。
再入院しましたが、今度はどんなに自助グループに通っても、どんなに自分を振り返る作業をしても、
何十回もプログラムに参加して勉強しても、断酒することができませんでした。
外泊の度に、どんどん『恨み』が増していくのです。

「こんな家になんか生まれたくなかった」とか、「なんで誰も私の辛さや苦しみを分かってくれないの」とか、
特に親に対しての感情は、酷いものでした。家に戻った時の母親の顔がとても怖くて、鬼のように見えるのです。
表面上はとても明るく、楽しく会話をしたり、行動を共にしたりしていましたが、ふっと我に返ると、
また恨みの感情が湧いてくるのです。

心の中が恨みでいっぱいになってしまって、感謝の気持ちもあるのに、恨みばかりが増していき、
様々な思いが絡み合って、ほどけなくなった糸が、とうとう糸の先さえ見つからなくなってしまった様になって、
これから先が真っ暗になってしまいました。

何とか助かりたいと思い、こちらに伺うことにしました。
主治医の先生から勧められていましたが、何とか自分でやっていける、内観などしなくても大丈夫、
自助グループに行けば大丈夫と思っていました。
ところが、とうとう行き詰ってしまい、救われるのは内観なのかもしれないと思い決意しました。

20090227


今回、内観させていただいて、本当の自分を知ることができました。

どれだけ母に愛され、父に愛されて、育てていただいたのか、主人がどれだけ私を思い寄り添ってくださったのか、
そして、私の心の中にどれだけ醜い心があったのかを知りました。
心から反省し、両親と主人への感謝の気持ちでいっぱいです。

ただただ、自分のわがままと、自己中心的な思いでお酒を飲んできたこと、
それは、自分の心の奥底にある自分の醜い心を見たくないだけだったのだと気付かせていただきました。
これから私のするべきことは、一日でも長く年老いた両親の傍にいて、今までの罪を償い、恩を忘れることなく、
お返ししていくことだと思います。

今日、私は生き返らせていただいたと思います。
残された時間と日々の内観の中で過ごし、母の偉大さに感謝し、生きていきます。
毎回、あたたかい食事をおいしくいただき、心が温かくなりました。一週間、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

『毒親』に感じた心地悪さ

今回は、「アダルドチルドレン」と言われた40代女性の内観体験記です。
アダルトチルドレンとは、家庭が充分な役割を果たしていないために、
豊かな愛情を受けることができないまま成長した子どものことです。
成人してからも生きづらさを感じる人が多く、中には人や社会に上手くなじめないと感じる方もいます。
彼女は、生きづらさを改善しようと、集中内観にいらっしゃいました。

内観は彼女に何を感じさせたのでしょうか?
彼女の感想文を拝読してみましょう。

…………………………………………………………………………………………………………

私は小学生の頃から生きづらさを感じておりました。

昨年の春、とうとう精神が保てなくなり、始めてカウンセリングを受けました。
心理カウンセラーの先生は「あなたの夫はDVである」と言って、『アダルトチルドレン』の本を貸してくださいました。
私を機能不全家族の中で育ったACだと言われました。

 そしてグループミーティングに参加したのですが、
そこでは参加者の方々が「私は母と縁を切りました」「私は母の日に何もしませんでした」と発表される度に、
皆さんで「おめでとう」「よくやった」と拍手するのに違和感をおぼえました。
「もっと親に対して怒っていい」「あなたの母は毒親だったのだ」と言われても、
怒りを認めて一時的には心が軽くなるものの、親を全否定するということに心地悪さを感じ
行くのを止めて内観に参りました。

 内観をして、7日目の朝。

庭を眺めた時、山は青く輝き、桜は満開、鳥はさえずり、草は鮮やか、蝶が舞い、日の光がさんさんと降り注ぎ
「ああ、世界は美しかったんだ」と思い、自然と涙があふれ流れてきました。

立山連峰

立山連峰

「世界は美しかった。そしていつもそこにあった」。
「それに気付かなかったのは私。心を閉ざし、目を閉じ、見なかったのは私なんだ」と、
心からあたたかい気持ちになりました。

母から愛されていると知っただけで、こんなにも心の中に平安が感じられるのだと驚きました。
今まで愛を外に求めていたけれど、こんなに近いところ、自分の中にあったのだと気付きました。
今まで外に求めていたことが嘘みたい、今は外に求める気持ちがなくなりました。
今までこだわっていた執着も、どうでもいいようなことに思えます。
今すぐ、父母に手紙を書いて、私の内観体験を伝えたいです。

そうして、ずっと両親と合わずにいましたけれど、会って謝りたい。
感謝の気持ちを直接伝えたいと思っています。
小さい頃のアルバムを一緒に見て、過去の記憶をもっとたくさん思い出して、
お世話になった事、して返したこと、ご迷惑をかけたことを深く探っていきたいと思っております。

7日間、お世話になりました。本当にありがとうございました。

内観から帰ったらまず何をするか

今回は、仕事や子育ては一段落した60代男性が、
これからの人生をどのように生きていくのか、
家族との良い関係性をどうしたら取り戻すことができるか、
という目的で内観された方の感想文です。

文中では「この先の道や方向性などは整理がつかない」という言葉と同時に、
帰ったらまず何をするかということも書かれています。

はっきりとした未来のビジョンを持つことも大変素晴らしいことですが、
まず身近な人にどのような心境で具体的に何をするか?
ということが大切だと、私は彼から教わりました。

続きを読む >

プロフィール

北陸内観研修所

最近のブログ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

↑このページの先頭に戻る

北陸内観研修所について

講演 懇話会 セミナー

初めての方へ

内観で素直な心を

図で見る、内観って?

HOME 法人のお客様 個人のお客様 プライバシーポリシー サイトマップ お問い合せ

Copyright © 2007-2013 北陸内観研修所.All Right Reserved.