利用された方の声

無気力な娘を回復させた親

無気力な娘を持つ母親

今回は、無気力な娘さんを持ったお母さん(50代)の内観体験記とその後の手紙です。娘さんは、お父さんとお母さんが内観されたことによって前向きになられました。


私を守ってくれた母親

私は娘に内観を受けて頂きたいと思っていました。その為にも、今回は夫婦で内観し、変わった姿を見せたいと考えておりました。また、主人と私、私と娘との関わり方に起因しているものがあるのではないかと思い、自分を調べる必要性を感じて内観をしました。

内観をしていく中で私自身が母親に充分に甘えられなかったこと、自分の気持ちを伝えることができなかったことをうらんでいることに気がつきました。

でも母親は、生きる為に必死で母なりのやり方で私を守ってくれていたのです。それに対して、私は病気の母に何もしてあげられず、母の苦しみや寂しさなど何も気づかなかったことが分かり、涙が出ました。母を車いすに乗せて、花や山を見ながら穏やかな時を過ごしたかった。お互いに心から支えあい、悩みを打ち明けながら生活をしたかったです。本当に母に心からありがとうと伝えたいです。

主人に対しては、甘えと自己中心的な考えで本当に感謝もなく、ないがしろにしてきました。主人が一生懸命に考えて頑張ってくれていることを理解せず真剣に受け取めずに、ないがしろにしてきました。会社でも大変辛い思いをしている主人。一番の理解者であるべき私が、主人を軽視しているのですから、どんなにかがっかりし、失望していたと思います。

それなのに、こんな私を大切に思ってくれて何かと気使いをして下さり本当に申し訳なさと感謝でいっぱいです。娘に対しては、悪い種をたくさん植えてしまい今、この苦しみを娘に与えています。実は、自分の甘えと劣等感をすべて娘にぶつけて子育てしてきたと思います。

それを主人に指摘されても納得せず、主人のせいにしていました。本当に二人には、謝っても謝り切れません。今回、私の留守中は二人で頑張ってくれています。内観に来させていただいた二人に感謝の気持ちでいっぱいです。

両親の仲が良くなり体調回復

無気力な娘さんを持ったお母さん、内観後の生活についてです。娘さんは、お父さんとお母さんが内観されたことによって前向きになられました。それを綴ったお手紙を、内観の数週間後にいただきました。

先日は内観をさせていただきありがとうございました。緑豊かな環境での静かな1週間はとても清々しくもうしばらくいたいなと最終日に考えていました。
私がいない間の1週間で主人と娘はいろいろな話をしたようで、お互いの誤解や娘のわだかまりも解け二人はとても仲よしになっていました。私自身も“娘の幸せが私の幸せ“と思い込み、娘は一生懸命それに答える為にがんばり続け疲れてしまったようです。母親の私が幸せになって、娘や主人が幸せになる。内観から帰って主人と話し合い、主人に気づかせていただきました。

以前の私は主人の言っていることに反発しけんかになっていましたが、内観でしっかり主人に感謝させていただいたので素直に聞くことができました。娘もやはり夫婦仲が悪いことも、体調が悪くなる原因だと言っておりました。夫婦それぞれ娘にとって大事な役割があり、その為にもお互いに理解しあい協力しあわなければならないと感じました。娘は私が内観から帰ってからとても元気で、毎日のようにスーパーにでかけたり、運動などをして見違えるように元気になりました。

以前は本当にふとんの中で過ごし、10日間以上も外に出ていない時があり生きる目的がないと言ってふさぎこんでいましたが、今は部屋の模様がえをどうしようかなどと前向きな発言も聞かれ、本当に嬉しく思います。私は自分の気持ちをほとんど人に話さず、自分さえがまんしていればいいと思い、そのようにしていましたが、知らず知らずに娘にそれが伝わり、自分の気持ちをおさえるようになっていました。

母娘とは恐ろしいものです。今さらながら自分のしてきたことの罪深さを思い知りました。でもだからこそ内観が必要なのですね。本当に内観をさせて頂いてよかったです。ありがとうございました。